青山にある世界のベストレストラン50のレストラン

 

青山にある世界のベストレストラン50のレストラン

 

青山1丁目駅から徒歩数分、青山の街並みにひっそりたたずむ近代的な建物の中にある「ナリサワ」。店内は茶と白でまとめられた、落ち着いたスタイリッシュな空間です。2014年サン・ペレグリノ「世界のベストレストラン50」にも選出されている、世界にも認められたモダン・フレンチ。オーナーシェフの成澤氏は「森とともに生きる」をテーマに、料理を通して環境保護に取り組んできました。フランスの伝統技法と日本の食材を巧みに融合させ、新しいフレンチを創造しています。そこはかとなく漂う『和』のエッセンスに惹かれてか、最近は外国人客も増えつつあるのだとか。

 

ナリサワのお料理

 

青山にある世界のベストレストラン50のレストラン

 

青山にある世界のベストレストラン50のレストラン
松阪牛のステーキ

 

料理は、ランチコース12,000円(9-10皿構成)、ディナーコース20,000円(10皿〜構成)の2種類となっており、どちらも創意工夫のこらされた料理が次々と目の前に現れます。テーマに沿ってコースが作られているため、どの料理も演出が素晴らしく、見た目も鮮やか。次は何が出てくるかというワクワクした気持ちにさせてくれます。クラシックなフレンチとはまた違う、独創的な料理の楽しみはここでしか味わうことのできないものです。最初に出されるパンは、各テーブルに石釜が運ばれ、そこで焼かれるというまさに焼きたて。ほうれん草とブラックオリーブで色付けされたバターが添えられ、まさに「森」のパンといった趣です。メインの肉料理は鳥・豚・牛から選択でき、どれも絶品です。そしてお楽しみのデザートはワゴンで運ばれ、目にも美しいプチフールの数々の中から、自分の好みのものを選ぶことができます。サービスは適度な距離があって押しつけがましくなく、しかし的確で、とても心地よい雰囲気です。ドレスコードもなく、ややカジュアルなフレンチとして、軽やかに楽しみたいお店です。