もつ鍋の発祥の地ってどこですか?

 

もつ鍋セット

 

やまとさんの通販で大人気のもつ鍋セットですが、今回はその「もつ鍋の歴史」について調べてみました。

 

「そもそも、もつ鍋ってどこからの発祥なのか?」

 

もつ鍋の始まりは、その1660年代ごろに当地探鉱団体よる朝鮮半島の人々が「ホルモン鍋」として食べられていたのの起源だということらしいです。日本のモノではなかったのですね。ずっと、日本人が考えていた食べものだと思っていました。

 

その時に食べられていたホルモン鍋の調理方法はごま油で、唐辛子を痛めて物にいる調味料野菜を入れるすき焼きのように食べていたそうです。

 

日本では終戦間もない頃に測ったで当時のアルミ鍋にには醤油で味付けを添えて炊いたのが始まりだそうです。

 

ホルモンという言葉自体は大阪弁で「捨てる物」⇒「放るもの」⇒「ほおるもん」が由来してると言われています。ホルモンは食べるモノではなかったのですが、それを食べるようになったんですね。

 

1990年代頃に、博多のもつ鍋店が関東にも出展してことをきっかけに第一次ブームのもつ鍋競争?がはじまり、安価でボリュームのある食べもの、そして、なによりお酒のお酒にあうということから「博多もつ鍋」として大変人気なりました。

 

それから女性から「ヘルシーな食べ物」との支持が多く増えることにより現在でも物の知名度が一気に広がって、安定した人気になるまでになりましたね。
そして福岡でのもつ鍋は郷土料理ともされており老舗のお店もとても多く全国各地で認知度がとても高い鍋の料理となっています。

 

 

 

≫リピーターが続出するもつ鍋セットはこちら